さしよりビールばっ!

家づくり、子育て、熊本のことなど、たまには役立つかもしれない日記とメモ書き。ちなみにブログタイトルは「さしよっビーッばっ!」が正しい。

スピーカーエッジ張替えは思ったより簡単! ダイアトーン200ZA

最近は音楽を聴くのは車が中心でしたが、家の中では高校のときに買ったスピーカーをずっと使い続けて来ました。当時、雑誌を見て購入を決めたダイアトーンの200ZA。たしか定価6万円だったと思います。少し誇りかぶっていたので拭いてみたところエッジがボロボロと剥がれてしまいました。

簡単で低音も復活!

15年以上使っているし、新築に合わせて小型のホームシアターも検討していたので、「十分活躍してくれた」と廃棄も覚悟したのですが、調べてみるとエッジ張替えが簡単にできるということ。ウレタン素材のエッジは経年劣化でボロボロになるみたいですね。ダメもとでやってみたところ簡単で、低音も復活し大満足な結果でした。

愛着が改めて沸き、まだまだ使いたい気にさせてくれるので、同じようなスピーカーをお持ちの方は、ぜひエッジ張替えをオススメします!費用は数千円、乾燥も含めて1,2日で出来ますよ。

エッジ張替えの経過メモ

(1)実はブックオフヤフオクで売ろうと思っていて、拭き掃除したところエッジがボロボロに・・・。「もう売れないやん」というのがそのときの感想。

f:id:kuma-five:20140802160429j:plain

(2)外のゴムパッキン(?)を外して、手で剥がれるエッジを外したところ。エッジを取るのは、ユニットを外してからのほうがよいかもしれません。ユニットを取り外した後、縁に残っているエッジをカッターなどで綺麗に取り除きます。簡単ですが一番面倒で手間のかかる作業です。

f:id:kuma-five:20140802160611j:plain

(3)ネジをはずすと簡単にユニットを取り出すことができました。

f:id:kuma-five:20140802160845j:plain

(4)途中の写真はありませんので、いきなり完成です!エッジはユニットの大きさごとに売ってあるものを購入しました。私はファンテックから購入。説明書通りに古いエッジを取り除いて、接着剤でくっつけて元通りに組み立てれば完成です。エッジの大きさや形がジャストサイズなので、ほとんど調整せずに貼り付けたい位置に来るので、神経質にならなくても綺麗に出来ました。

f:id:kuma-five:20140802161047j:plain