さしよりビールばっ!

家づくり、子育て、熊本のことなど、たまには役立つかもしれない日記とメモ書き。ちなみにブログタイトルは「さしよっビーッばっ!」が正しい。

閉店が決まった熊本・県民百貨店に思うこと

熊本市中心街にあるデパート「県民百貨店」が、来年2月末で閉店することが発表されましたね。

熊本市で営業する「県民百貨店」は12日、来年2月28日をもって閉店すると発表した。現在入居するビルを含めた周辺地区再開発に伴い移転先を探していたが、売り場面積や立地などの条件に合う物件が見つからず営業継続を断念した。 

2014年8月12日時事通信

 

鶴屋だけじゃだめ、やっぱつ2つデパートが必要

熊本市の中心街は、鶴屋百貨店県民百貨店の2つのデパートがあり、それをつなげるように下通や新市街のアーケードがあってこそ。デパートが1つだけでは、中心街全体の魅力が低下していまします。

休店中のダイエー下通店がそのうち復活するとはいえ、やはり総合スーパーであり、鶴屋百貨店とツートップを飾れない。とはいえ、新たに百貨店を誘致というのは非常に難しいですよね。

熊本駅ビルにはどう影響?

JR九州が手がける熊本駅ビルにも大きく影響しそう。ショップの構成などはもとより、雇用の受け皿としては大きな期待が向けられます。ただ、やはり中心街から離れているので、県民百貨店の代わりという感じではありません。

ゆめタウン」が繁華街に出店なんてどう?

あくまでも私の期待・妄想として、「ゆめタウン」が熊本市中心街に出店するというのはどうでしょう?大型商業施設が少ない熊本市西部の受け皿にならないでしょうか。郊外店よりコンパクトな店舗になろうとも、優良なテナントを考えると「ゆめタウン」なら鶴屋とツートップが飾れる!しかも行政に恩を売るチャンスでもあるかもしれない。

実際、無理だと思うけど、「ゆめタウン」ならいい未来が描けるんじゃないかと思うんですよね。イオンモールだと、ちょっと私のイメージと違うんです。伝えにくいけど。 

人とモノのものがたり

人とモノのものがたり