さしよりビールばっ!

家づくり、子育て、熊本のことなど、たまには役立つかもしれない日記とメモ書き。ちなみにブログタイトルは「さしよっビーッばっ!」が正しい。

地鎮祭の鯛を焼いて食べてしまいました・・・

梅雨入り後でしたが、雨もなく無事に地鎮祭を執り行うことができました。
鍬入れの「エイ!エイ!エイ!」って恥ずかしいですね。いきなり出番が周ってきたので、もう少し腹の底から声を出せばよかったと後悔しています。

f:id:kuma-five:20140726093117j:plain

お供えの鯛を焼いて食べた

棟上時の餅投げの餅は焼いてはいけないと聞きますが、地鎮祭の鯛はどうなんでしょう?

工務店の人は「焼かないほうがいい」とおっしゃっていたのですが、検索してみると、焼いて食べた人もいるし、焼いてはダメという意見も、いや関係ないよという意見も。

とりあえず、工務店の方の意見を聞いて、焼かないで食べようとおもっていたのですが、ぶつ切りになったカマの部分を見ていると「焼いたら旨そう♪」とヨダレが出てきて、思わず焼いてしまいました。気づいたのは食べた後・・・。

大半は裁いてもらって、刺身などで食べたのですが油断していました。ありがたく残さず食べたので、もしダメだっても神様お許しください。

スーパーの鮮魚コーナーで裁いてもらう

大きな鯛でしたので家で裁くことができず、スーパーの鮮魚店で裁いてもらいました。手数料は1000円程度。
朝からは売り物の準備で忙しいとのことなので、午前に持ち込んで、夕方までに仕上げてもらいました。

建築工事の祭式―地鎮祭から竣工式まで

建築工事の祭式―地鎮祭から竣工式まで