さしよりビールばっ!

家づくり、子育て、熊本のことなど、たまには役立つかもしれない日記とメモ書き。ちなみにブログタイトルは「さしよっビーッばっ!」が正しい。

地震保険の家財保険の再審査をした話

平成28年熊本地震で被害を受けたので、地震保険の適用になりました。

査定の結果、家財保険は一部損との評価だったのですが、審査後に故障がなくても傷でも損害認定されるとわかりましたので、地震保険の再査定をお願いしました。

f:id:kuma-five:20160706140405j:plain

査定後に家財の損壊は傷でもOK、場合によっては落下でもOKというのを知り再査定しました。査定人の方は全体的に丁寧に対応してくれたのですが、伝えてくれれば二度手間ではなかったのに…。

振り込み後でも再査定OK

実はすでに保険金が振り込まれたあとに再査定をお願いしたのですが、すんなりOKしてもらえました。

後日、最初とは別の査定人が来られ、「傷が入った」「転倒・落下した」「動いた」「落下後、上からものが当たったと思われる」などなど、損害判定になるかならないかは置いといて、すべてのチェック項目について地震時の状態について説明しました。

傷以上じゃないと認められず

落下でも認められた場合があると聞いていたのですが、今回は傷・破損がないと認めてもらえませんでした。認められず不満のものもあったのですが、全体の判定が変わらないため特に反論はしませんでした。

結果、家財保険が「一部損」から「半損」に格上げされ、数十万円分多く保険料を支払ってもらいました。買い直した家具・家電がまかなえ助かりました。